ガソリンスタンドが発行するカードの特徴

普段、車に乗られる方ならみなさんご存知でしょうが、給油のためにガソリンスタンドに行くと必ずと言って良い程、そのガソリンスタンドの会員になりませんか、という話をされます。 ガソリンスタンドでは、一般的にガソリンの価格を「一般価格」「会員価格」に分けています。会員になると、一般価格に対してリッターあたり1円から3円程低価格で給油することができます。 また、会員には現金会員とクレジットカード会員の2種類がありますが、どちらも基本的には会員価格でガソリンが購入できる点で共有していますが、クレジットカード会員の方が追加の優遇制度があるのが一般的です。 ガソリンスタンドで発行される(申し込み可能な)クレジットカード機能付き会員カードを「ガソリンカード」と呼びますが、このガソリンカードにはどのような特徴があるのでしょうか。 ・現金会員よりも低価格でガソリンが購入できる カードの発行元(ENEOSなど、ガソリンスタンドを運営する各社)によって優遇措置は異なりますが、ほとんどのカードで、現金会員よりもお得に給油ができます。 カードを使って支払うことでその場で値引きされるケースもありますが、後でリッターごとに数円のキャッシュバックという形で還元されるケースの方が多いです。 もちろん、同じ会社のガソリンスタンドであれば全国共通で同じサービスが受けられるので、スタンドの数が多い会社のカードを作っておいたほうが使い勝手は良いです。 ・入会初回特典が大きい 多くのガソリンカードで、入会時に受けられるサービスがあります。カードによってサービス内容は異なりますが、例えば初回時には1000円分のガソリンが無料で給油可能であったり、最初の50リッターの給油までは特別大きな値引きがされたり等の値引き、キャッシュバックのサービスが受けられることが多いです。 単に入会するだけでタダで給油できたり大幅値引きで給油できるというのは、それだけで大きな魅力になります。 ・年会費が基本的に無料 クレジットカード機能のついたカードであるにも関わらず、基本的に年会費無料でずっと使い続けることができます。 カードによっては2年目以降は年会費が必要な場合もありますが、そうしたカードでも、そのカードを一年間に一度でも使って給油すればそれで年会費が免除になる場合が多いので、「基本的には年会費無料」というわけです。 その他、付加されているクレジット機能の側のサービス(付帯保険やロードサービス、マイレージサービスなど)も普通のクレジットカードと同様に使えるので、お得です。